脂肪肝を事前に予防しよう|健康食品でハッピーな未来

サプリメント

肝臓を労わろう

サプリメント

食の変化による悪影響

脂肪肝とはその名の通り肝臓に脂肪がたくさん付いている状態のことで、肝臓の機能が低下することにより起きます。肝臓の機能が低下する原因は生活習慣にあり、特に食事が大きなところです。高脂肪・高糖質・高塩分の食事を続けていると肝臓にある再生能力や浄化作用では対処できなくなり、肝臓に負担がかかります。負担がかかりすぎると機能が低下して、脂肪肝などになります。高脂肪・高糖質の食事を食べ続けると体が太るように肝臓にも脂肪がついて脂肪肝となるわけですが、最近は和食よりも洋食や手軽に食べられるファーストフードなどを好む人が多いとされます。もともと日本の食事であった和食よりも洋食を好む人が増えた今は、脂肪肝を含めた生活習慣病になるひとが増えているようです。今後も患者数が減ることがないのではという心配もされています。

負担をかけすぎないよう

脂肪肝は脂肪がついて肥満状態になっているようなものですが、肝臓は症状があらわれにくい臓器として有名なので普段から気をつけることが大切になりす。肝臓は脂肪や塩分を分解する役割があるので、人体にとっては大切な存在です。その役割があるからといって負担をかけすぎれば疲れてしまうので、普段から労わることが必要になります。人も働きすぎれば倒れてしまうように、肝臓などの臓器も負担をかけすぎれば機能が正常に働かなくなります。そうなると体にとって良くないので、肝臓を含めた全臓器を労わるために生活習慣を正しくすることが必要なのです。食事・睡眠・運動などの生活を良いものにすることで、体にとっても心にとっても良い効果が期待できます。