脂肪肝を事前に予防しよう|健康食品でハッピーな未来

老夫婦

肝臓を労わろう

サプリメント

脂肪肝にならないようにする機能は、もともと肝臓に備わっています。しかしその機能を使いすぎれば肝臓が疲れてしまい、機能が低下します。機能が低下して病気にならないためにも、普段から生活習慣を気をつけることが大切です。

View Detail

中性脂肪を減らす

男性

脂肪肝の改善には、飲酒や栄養を摂り過ぎないように控えることが大事です。運動も必要ですが、日々の食事の改善は欠かせないので不足しやすい食物繊維やビタミン類を中心に摂取するように心がけることが大切になります。

View Detail

肝臓の肥満

女性

タウリンが有効的

脂肪肝は肝臓に脂肪などが溜まった状態のことで、簡単に言うと肝臓が肥満状態にあるということです。原因としては食事や飲酒にあり、脂質や糖質が高い食事などを続けると肝臓に脂肪がついて脂肪肝になりやすくなります。飲酒も肝臓の機能を酷使するものなので、肝臓に脂肪がつく原因になります。脂肪肝の改善や予防をするためには食事を見直すことが大切で、高脂肪・高糖質などの食べ物を避けた栄養バランスの良い食事を意識することが大切です。肝臓の機能を良くして脂肪を取り除く効果があるタウリンという栄養素が有効とされており、タウリンは牡蠣やホタテといった貝類に豊富に含まれています。機能向上や脂肪除去から排出まで行うタウリンを意識して摂取することで、脂肪肝の改善と予防に有効なのです。

食の欧米化に注意

アルコールをよく飲む人になりやすいイメージもあるかと思いますが、アルコールというよりはアルコールと一緒に摂取している食べ物が問題になります。アルコールを好む人たちは唐揚げなどの高カロリー・高脂肪なものを好む人も多く、アルコールで肝臓に負担をかけながら肝臓に脂肪をつけているのです。肝臓は強い臓器なので、症状があらわれた頃には深刻な場合もあります。強い臓器だから大丈夫ではなく、強い臓器で症状が出にくいから気をつけなければならないのです。近年は食事の欧米化や外食産業が栄えているので、脂肪肝を含めた生活習慣病の患者数増加が心配されています。欧米の食事や外食が悪いこととは言えませんが、それはたまに食べるものとして普段の食事を気をつけると良いと思います。

肝臓の数値が高いとき

女の人

肝臓の数値が高いときには脂肪肝の可能性があります。運動と食事による治療が行われますが、サプリメントとしてキトサンを利用するのに人気があります。脂肪の排出を促進できるからであり、脂肪肝の改善にも予防にも役立ちます。

View Detail